遺物展示館および観覧のご案内

展示館の紹介

梁山(ヤンサン)博物館では梁山地域から出土した文化財を安全に保存し、ならびに研究支援をしています。知識・情報化社会において市民の生涯学習空間となり、様々な文化コンテンツを展示するために2013年4月11日に開館しました。

遺物展示館は史跡第93号北亭洞古墳群、史跡第94号新基洞古墳群など、梁山を代表する古墳が位置する、梁山市北亭路78一帯にあります。

展示館は敷地面積13,063㎡、延面積5,328㎡、地下1階から地上4階の建物です。外観は梁山新基洞のコインドル(支石墓)の様式と通度寺大雄殿の軒の曲線から、中央のロタンダ(円型建築物)は円寂山烽火台を象っています。梁山遺物展示館は梁山の歴史と文化を一度に見ることのできる総合博物館といえるでしょう。

遺物展示館の中核施設である展示室は、歴史室(590㎡)、古墳室(450㎡)、子ども歴史体験室(173㎡)、企画展示室(298㎡)、3D立体映像室によって構成されています。展示室は梁山の歴史と文化をテーマ別・時代別に、歴史の流れに沿って理解しやすく構成しています。

特に、展示館では過去より伝わる遺物を見るだけでなく様々な模型・ジオラマ・各種映像が展示され、過去・現在・未来の時空間を移動するような臨場感が得られます。

休館日

月曜日、1月1日、旧正月、旧盆(但し月曜日が「官公署の休日・祝日に関する規定」第2条に基づいた祝日である場合、その翌日の平日)、梁山市長の定めた休館日

時間
  • 開館時間 : 09:00 – 18:00
  • 入館時間 : 09:00 – 17:00 (閉館の1時間前まで)
入館料常設展示

無料 一部の企画展示は、有料になることがあります。(有料の場合、入館料は以下の通りです。)

展示解説
  • 個人 : 個別の展示解説をご希望の際には、以下をご参考ください。
    • 利用時間 : 午前10:30、午後14:00
    • 最大人数:30人
    • お問い合わせ:案内デスク(055-392-3313)
  • 団体 : 団体での観覧を申し込みの際には、展示解説もお申し込みください。